転職でのTOEICスコアの有効性

転職でのTOEICスコアの有効性

 日本企業のグローバル化の動きは、IT革命が起こった2000年前後から2007年頃までは、人件費が安い新興国に生産拠点を移転して人件費を削減することが中心でした。

 

 しかし、リーマンショック以降には、国内マーケットの需要が激安か高級と二極化したため、限界を感じた企業が販路や拠点を海外進出し始めました。

 

 最近では世界で人件費が安く、政情が安定した最適な地域に機能を分散させるために、さまざまな部門を海外移転し経営資源を最適化しています。

 

 

伸び悩む日本人ビジネスマン

 

 

 

 そこで、企業の採用においても、英語力の高い人材を求める動きは加速しており、英語力が必須の求人は右肩上がりに増加しています。

 

 今や求人の6割程度がTOEICスコア500点レベルを必要としています。

 

 就職や転職においては英語ができれば有利になりますが、そんな市場のニーズとは裏腹に、日本人の英語に対する態度はまだまだ消極的と言えます。

 

 日本のビジネスマンの語学力は、企業が求めるレベルに達していないのが実情です。

 

 

 

環境的な不利は否めない

 

 

 

 日本にいると英語に触れる機会が少ないため、英語を勉強する環境には適していないのは事実です。

 

 そこで、東洋大学のように大学生から奨学金を支援して海外留学に行かせるといった試みは、今後の学生の人生を左右するため非常に有益な支援といえます。

 

 しかし、転職においては英語がすべてではありません。即戦力を求める企業が実際に要求するのは、前職で培った専門性や経験で、語学力はプラスαになります。

 

 

 

問われるのは語学力だけではない

 

 

 

 即戦力が要求されることが多い転職市場ですが、英語力は別の意味でセールスポイントにもなり得ます。

 

 語学のレベルを示すTOEICテストは受験しておくと、向上心や意欲をアピールすることにつながりますので、やはり有効な手段といえるでしょう。